logo

フォードとグーグルが提携、車両に「Android」システム搭載へ

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年02月02日 11時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ford Motor Companyは、未来の車載テクノロジーの開発で「Android」に大きく賭けようとしている。Fordは米国時間2月1日、Googleとの新たなパートナーシップを発表し、Fordの車両でAndroidを搭載することを明らかにした。このデジタル体験は2023年より「Ford」と「Lincoln」ブランドの車両に導入され、Googleのサービスを直接車両に組み込んで提供するという。BlackBerryのファンにとっては、Fordのインフォテインメント車載システム「SYNC」の基本ソフト「BlackBerry QNX」との別れが数年後に訪れる可能性もある。

Ford+Google
提供:Ford

 今回のパートナーシップは、Volvo Carsや傘下のPolestarブランドをはじめとする自動車メーカーがたどってきた道筋だ。Fordはこのパートナーシップがドライバーにとってどう「ユニーク」なのかを詳しく説明していないが、2年後に同社の車に搭載されるシステムは大きく変化することになるだろう。「Googleマップ」がメインのナビゲーションシステムになり、「Googleアシスタント」が音声による指示を実行し、「Google Play」がFord車での利用に最適化された音楽やポッドキャスト用のアプリを提供する。Fordは同日の電話会見で、新しいシステムのブランド戦略について言及しなかったが、SYNCは何らかの形で存続するかもしれない。

 また、Fordとサードパーティーの開発者がさらなるアプリを開発し、絶えず改善され、一層パーソナライズされたオーナーシップ体験を提供するという。

 さらにGoogleとFordは、新たに「Team Upshift」という協働グループを立ち上げる。両社の人材や資産を活用し、Fordの変革を推進する。またFordは、Google Cloudの人工知能(AI)や機械学習を活用していく。FordはGoogleによって、「製品開発、製造、サプライチェーンマネジメントを加速」しやすくなると述べた。

 両社のパートナーシップは6年間の契約となる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]