帝国ホテルがサービスアパートメント事業を開始--月額36万円~

加納恵 (編集部)2021年02月01日 16時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 帝国ホテル 東京は2月1日、サービスアパートメント事業を開始すると発表した。ホテルのリソースを活用し、旅館業法下で行う「ホテル内サービスアパートメント」という新しい住まい方を提案する新規ビジネスになる。

「スタジオ/STUDIO」(左)、「プレミアスタジオ/REMIER STUDIO」(右)
「スタジオ/STUDIO」(左)、「プレミアスタジオ/REMIER STUDIO」(右)

 今回の事業開始にあたり、帝国ホテルではタワー館の客室3フロア99室をサービスアパートメントへと改修。一般的なサービスアパートメントのような契約はなく、気軽にスタートできることが特徴だ。

 客室内にキッチンや大型冷蔵庫などは設置せず、共同利用スペースの「コミュニティルーム」を設置し、朝食のパンを無料でご提供するほか、洗濯乾燥機、電子レンジなどをそろえる。サービスアパートメント利用者専用の食事メニューと、シャツ類のランドリーサービスをサブスクリプション方式で用意する。

 ホテル内設備として、ホテルラウンジでのコーヒー、紅茶の提供、駐車場利用(1室につき1台)、フィットネスセンター、プール、サウナ利用(当面は予約制)、ミーティングルーム(予約制)やオフィスワークに最適なビジネスラウンジの利用、荷物預かり(数量等制限あり)などのサービスが含まれているという。

 同日から予約を開始しており、利用開始日は3月15日。約30平方メートルの「スタジオ/STUDIO」(月額(30泊)36万円、5泊15万円、6泊目以降は1泊3万円)、約34平方メートル+36平方メートルの「コネクティングスタジオ/CONNECTING STUDIO」(月額72万円、5泊30万円、6泊目以降は1泊6万円)、約50平方メートルの「プレミアスタジオ/PREMIER STUDIO」(月額60万円、5泊25万円、6泊目以降は1泊5万円)を用意する。

 基本料金には、シャンプー類、歯磨き、シェービングセット、くしなど各種アメニティ類(チェックイン日のみ提供)、室内清掃とリネン、タオル、寝間着類交換(一週間に3回)が含まれる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]