MOON-X、サブスクやネット販売などデジタル主体の「クラフトビールカオスマップ」公開

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MOON-Xは、同社が展開するクラフトビールブランド「CRAFT X」において、クラフトビール関連事業を網羅したカオスマップを発表した。

キャプション

 同社によると、ビアタイムの楽しみ方のバリエーションを増やし、充実したビアライフをおくってもらうべく、同マップを作成したという。

 同マップは、デジタルを主体にした国内のクラフトビールに関わる事業を対象に、メディア/EC/D2C/アプリ/その他(例:ビールサーバー製造)で分類。カテゴリーごとにマッピングして可視化したマップとなる。

 メディアは、クラフトビールの啓蒙活動や情報、識者やビールジャーナリストからの記事などを掲載し、クラフトビール自体の裾野を広げる事業が対象。

 ECは、メーカー/ブリュワリーなどからクラフトビールを仕入れ、インターネット上で販売することが中心の中でも事業。定期購入型が売上の大半を占めると思われる事業を「サブスク」として切り出しているほか、専用のビールサーバーをビールと併せて販売・貸与する事業を「サーバー付サービス」としている。

 D2Cは、特にインターネット上の販路に特化し、ビールを製造・委託製造している事業が対象。顧客に直接販売するブランドならびに、事業を掲載する。

 アプリは、ビールに対する消費者のさまざまなニーズに合わせて開発されたスマートフォンアプリならびに、事業が対象。

 その他では、カテゴリとして定義した範疇には含まれないが、消費者のニーズに合わせて開発・製造されたサービスを提供する事業が対象となる。

 なお、メーカーまたは、ブリュワリーやビアバーが運営する各種サービスは入っていない。また、同社の定義に基づいてい作成されているため、業界通例のものと異なる場合があるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]