logo

朝のピークを避けた乗車にポイント付与--JR東日本、2つのポイントサービス開始へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は1月27日、多くの企業で働き方や働く環境を見直す動きが進み、通勤スタイルが多様化している現状を踏まえ、春から「オフピークポイントサービス」と「リピートポイントサービス」という2つの新たなポイントサービスを実施すると発表した。

キャプション
キャプション

 オフピークポイントサービスは、Suica定期券購入者向けのサービス。2021年3月15日から2022年3月31日までの間、同社が指定した首都圏内の対象エリア駅において、早起き時間帯で入場した場合に15ポイント、ゆったり時間帯に入場した場合に20ポイント還元するもの。1時間半のピーク時間帯のうち、前後1時間をポイント還元対象時間帯としている。利用には、JRE POINTへのSuicaの登録とエントリーが必要だ。

 
 

 なお、出場も対象エリア駅である必要があるほか、同日に複数回利用した場合でも1回の利用として計算される。また、FREX 定期券、通学定期券、グリーン定期券は対象外。同社によると、同サービスによるピークシフト効果については、今後の新たな定期券サービスの検討において参考にするという。

 
 

同一運賃区間で10回利用すると運賃1回相当のポイントが貯まる「リピートポイントサービス」

 もう一つのリピートポイントサービスは、2021年3月1日から実施されるもので、在来線すべてのSuicaエリアが対象。同一運賃区間で1カ月以内に10回利用することで、運賃1回相当のJRE POINTが還元される。さらに、月11回以上の利用で、1回ごとに運賃の10%相当のJRE POINTが還元されるという。

 例えば、東京-赤羽(IC運賃:220円)、東京-蒲田(IC運賃:220円)、品川-川崎(IC運賃:220円)のように、乗車区間は異なる場合でも運賃が同一となる区間を利用した場合にポイントが還元される。

キャプション

 同サービスは、JRE POINTへのSuicaの登録のみで利用可能。ポイント還元については、利用2カ月分ごとに各時間帯における定期券の利用状況を集計。集計の翌月にまとめてポイントが還元される。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]