logo

アップル、「iOS 14.4」正式版をリリース--心電図アプリが利用可能に

坂本純子 (編集部)2021年01月27日 07時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleは1月27日「iOS 14.4」の正式版をリリースした。iOS 14.4はiPhone端末の「設定」-「一般」-「ソフトウェア・アップデート」からダウンロードできる。iOS 14.4は390MB。併せて、「watchOS 7.3」が公開されており、iOS 14.4にアップデート後にwatchOS 7.3が利用できるようになる。

 iOS14.4とwatchOS 7.3へのアップデートにより、Apple Watchの心電図アプリケーションと不規則な心拍の通知機能に対応する。心電図アプリの使い方など詳細は別途記事にて紹介している。

 このほか、入力の不具合なども修正されており、iOS 14.4の機能改善と問題の修正は下記の通り。

【機能改善】
・より小さなQRコードを認識可能
・“設定”でBluetoothデバイスの種類を分類するオプションにより、音声通知の送信先のヘッドフォンを正しく識別
・iPhone12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、およびiPhone 12 ProMaxのカメラが新しい正規のApple製カメラとして確認できない場合に通知
【問題の修正】
・iPhone 12 Proで撮影したHDR写真に画像のアーティファクトが現れることがある問題
・“フィットネス”ウィジェットに最新のアクティビティデータが表示されないことがある問題
・タイプ入力の反応が遅くなる場合や、単語の候補がキーボードに表示されない場合がある問題
・“メッセージ”で正しい言語のキーボードが呼び出されないことがある問題

iOS 14.4の概要
iOS 14.4の概要

 watchOS 7.3には、以下の新機能、機能改善、およびバグ修正が含まれる。

・“ユニティ”の文字盤: 黒人の歴史を称え、パン・アフリカの旗の色から着想を得たもので、1日を通して身体の動きに合わせて表示が変わり、自分だけの文字盤を作り出すことが可能
・Apple Fitness+登録者のための“ウォーキングの時間”: “ワークアウト” Appでのウォーキング中にゲストがインスピレーション溢れるストーリーを共有するオーディオ体験
・日本、マヨット、フィリピン、およびタイでApple Watch Series 4以降の“心電図” Appに対応
・日本、マヨット、フィリピン、台湾、およびタイで不規則な心拍の通知に対応
・ズーム機能を有効にすると、コントロールセンターと通知センターが反応しなくなることがある問題を修正

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]