logo

「Apple Fitness+」、有名人の声とともにウォーキングを楽しむ「Time to Walk」追加

Jason Cipriani (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2021年01月26日 10時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleのフィットネスサービス「Apple Fitness+」に、スクリーンとインストラクター不要でユーザーに外出を促す新しいワークアウトルーティンが登場する。米国時間1月25日に発表された「Time to Walk」は、ポッドキャストに似たワークアウト機能で、「Apple Watch」を介してウォーキングしながら視聴できる。

提供:Apple
提供:Apple

 Time to Walkでは、ワークアウトのインストラクターがいない代わりに、著名人が自身の人生に起きた感動的なストーリーを語る。各セッションには著名人が自ら選んだ音楽が含まれ、ウォーキングの時間を通して流れる。所要時間は25〜40分で、4月まで毎週月曜に新エピソードが提供される。

 開始時点では、シンガー・ソングライターShawn Mendesさん、同Dolly Partonさん、プロバスケットボール選手Draymond Greenさん、および女優Uzo Adubaさんによるセッションが用意されている。各セッションでは音楽が流れるほか、その回の話題に関連する写真も表示される。例えばMendesさんのエピソードでは、Justin Bieberさんと並んで座っている画像や、エピソードを録音した浜辺で(もちろんウォーキングしながら)撮られたMendesさんの画像が見られる。

 Apple Fitness+のサブスクリプションを利用していれば、新しいエピソードはApple Watchに自動的にダウンロードされ、「ワークアウト」アプリから直接再生できる。そのため、家に「Phone」を置いたままウォーキングに出かけ、このサービスを利用できる。

 エピソードは、「AirPods」やBluetooth対応のヘッドホンまたはイヤホンで視聴できる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]