logo

Alphabet、気球でネット接続の提供を目指すLoonを解散へ

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年01月22日 12時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの親会社Alphabetは米国時間1月21日、子会社のLoonを解散することを発表した。Loonは成層圏を飛行する気球によってインターネット通信網を構築する、同名のプロジェクトから発足した企業だ。

Loonプロジェクト
提供:Alphabet

 Loonは、現在はAlphabetの子会社であるXで生まれた。Xは実験的なプロジェクトを担っており、Loonのほかに、無人自動車を開発するWaymoやドローンによる配送事業のWingといった企業を輩出している。しかし、今回Loonは自社のビジネスモデルを持続不可能とみなし、事業を長期継続できるだけのコスト削減ができなかったと説明した。

 「商用化実現への道は、期待よりも長く高リスクであることが分かった。そのため、Loonを終了するという難しい決断を下した」と、X部門を率いるAstro Teller氏は発表の中で述べた。

 Loonは2013年に発表され、2018年にX部門からスピンアウトした。このプロジェクトは、十分なブロードバンドインフラのない地域に対し、空飛ぶ基地局として機能することを目指していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]