logo

Facebook、トランプ氏のアカウント停止について監督委員会に審査を要請

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年01月22日 09時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間1月21日、Donald Trump前大統領のアカウントを無期限停止にした措置について、独立した監督委員会に審査を要請したことを明らかにした。同社は、死者が出た6日の米連邦議事堂襲撃事件を受けて、Trump氏の投稿には許容できないリスクがあるとして、同氏のFacebookとInstagramのアカウントを停止している。

Facebookのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Facebookの国際問題担当バイスプレジデントであるNick Clegg氏は21日付けのブログ記事で、Trump氏のアカウント停止は「必要かつ適切な」判断だったが、同社が単独で下すべき判断ではないと述べた。

 「委員会の判定を待つ間、Trump氏によるアクセスは無期限停止のままとする。委員会の判定を心待ちにしている。1月7日の当社の対応が正当だったとする明確な理由が得られれば、それはわれわれのこれまでの選択を支持するものになると期待している」(Clegg氏)

 Facebookの判断を支持することも覆すこともできる監督委員会は21日、この事案を受諾することを明らかにした。同委員会は、Facebookのコンテンツに関する特に難しい判断に対して最終的な判定を下す組織として、2020年に設立された。その判定は、同社の最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏やその他の幹部らも覆すことはできない。

 同委員会は元判事、弁護士、ジャーナリストら20名で構成され、ほとんどの事案について90日以内に判定を下すことになっている。2020年12月には最初の事案として、ヘイトスピーチに関するものを含む複数の事案を受諾していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]