Facebook、画像の説明を自動生成する「自動代替テキスト」を強化

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年01月20日 12時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間1月19日、視覚障害のあるユーザーのために写真の内容を説明する機能「自動代替テキスト」(Automatic Alt Text:AAT)のアップデートを公開した。このツールは2016年にリリースされたもので、コンピュータービジョン技術を利用して、説明を自動的に生成する。生成されたテキストはスクリーンリーダーで読み上げが可能だ。

5人が楽器を演奏している写真に関する説明の例
5人が楽器を演奏している写真に関する説明の例
提供:Facebook

 写真の中でAATが認識できる概念の数は、2016年の導入時に比べて10倍超に増え、1200件を超えたという。これにより、さらに多くの写真に説明が追加されるとしている。

 また、歴史的建造物、アクティビティー、動物の種類を認識できるようになったことにより、さらに詳しい説明が可能になった。例えば、「おそらく2人の自撮り写真、屋外、ピサの斜塔」といった具合だ。さらに、写真内での物体の位置(上、中間、中央など)や相対的サイズ(最大、2番目に大きい)などの情報もAATでテキスト化できる。

 AATは、Facebookではニュースフィード、プロフィール、グループの写真で利用可能だ。Instagramでは、フィード、発見、プロフィールの写真で利用できる。代替テキストの説明は簡潔なフレーズなので、45言語に翻訳できるとFacebookは述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]