logo

クアルコム、新チップ「Snapdragon 870」でチップのラインアップ拡充

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2021年01月20日 11時18分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcommが米国時間1月19日、「Snapdragon 870 5G Mobile Platform」を発表した。2020年12月には最上位スマートフォン向けの新プロセッサー「Snapdragon 888」を発表している。「Snapdragon 870」はやや低価格の機種向けで、MotorolaやXiaomi(シャオミ)が近く発売する機種に搭載されるという。

提供:Juan Garzon/CNET
提供:Juan Garzon/CNET

 Snapdragon 888は、2021年に出荷される最上位の「Android」スマートフォンの多くに採用されるとみられる。最高クラスで最高価格帯のフラッグシップモデルとなるスマートフォン向けと想定されている。Snapdragon 870はSnapdragon 888よりも、低い価格設定のモデルに搭載される。

 870の性能は、2020年の「Android」スマートフォン向けの最上位チップセット「Snapdragon 865」と比べると向上している。CPUは、「865 Plus」の最大3.1GHzから、最大3.2GHzに性能が向上した。同社によると、Snapdragon 870は「非常に高速な『Qualcomm Snapdragon Elite Gaming』のエクスペリエンスによるわくわくするようなゲームプレー」などを想定し、「全面的なパフォーマンスの向上を実現するよう設計されている」という。

 Snapdragon 870を搭載する商用デバイスは2021年第1四半期に発表される予定だ。Motorola、iQOO、OnePlus、OPPO、シャオミなどがこのプロセッサーを搭載したスマートフォンを発表する可能性がある。価格は800ドル(約8万3000円)以下になると予想される。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]