Suicaが入場券代わりに--JR東日本がIC入場サービス「タッチでエキナカ」を3月開始

西中悠基 (編集部)2021年01月19日 20時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR東日本は1月19日、Suicaを入場券代わりに利用できるサービス「タッチでエキナカ」を、3月13日より提供すると発表した。

「タッチでエキナカ」のイメージ
「タッチでエキナカ」のイメージ

 タッチでエキナカは、エキナカ施設の利用や送迎などの目的で在来線駅構内に入場する際に、Suicaなどの交通系ICカードを利用できるサービス。Suicaのほか、PASMOやICOCAなど、全国相互利用対象の交通系ICカード10種類で利用できる(仙台エリアではicscaも利用可能)。同一駅の自動改札機を2時間以内に入出場する場合に、ICカードのチャージ残高から自動精算する。

 サービス提供エリアは、首都圏、新潟、仙台の各Suica対応駅。首都圏の「電車特定区間」各駅では140円、その他の各駅では150円を、チャージ残高より引き落とす。なお、大型の自動改札機ではなく「簡易改札機」を設置する駅や、常磐線の綾瀬駅などのJR東日本管理でない駅、新幹線の改札内などは、サービス対象外となる。また、定期券区間内の駅では、本サービスを利用することはできない。

電車特定区間
電車特定区間

 鉄道各社では、駅改札内への入場用として「入場券」を発売しているが、Suicaなどの交通系ICカードでは、これまで入場券の代用としては利用できなかった。タッチでエキナカは、ICカードを入場券相当のものとして利用できる、初のサービスとなる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]