KDDI、「@cosme」運営会社と共同でXRを活用したバーチャル店舗をオープン

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIとアイスタイルは1月8日、XRを活用したスマートフォン向けアプリ「au XR Door」を通じて購買体験が可能なバーチャル店舗「@cosme TOKYO -virtual store-」をオープンした。

キャプション

 @cosme TOKYO -virtual store-は、店舗にしかない体験や空間をより多くの人に広く体験してもらうことを目的とする、@cosmeを運営・企画するアイスタイルのアセットとKDDIの5GやXRを活用した完全非接触の購買体験が可能なバーチャル店舗。「高画質版(5G推奨)」機能を搭載し、店内フロアや商品パッケージを8K高画質で閲覧できる。

 スマートフォンアプリ「au XR Door」内に開設するもので、スマートフォンをかざすと360度で見渡すことができ、商品棚の前に立ち商品を手に取ったり、テスターを使用しているかのような、店内フロアを歩き回っている体験を再現するという。フロアマップから行きたい場所をタップすると瞬時に移動することも可能。商品をタップすると@cosmeのECサイト「@cosme SHOPPING」へ遷移し、実際に購入できるという。

 バーチャル店舗では、花王の化粧品ブランド「KANEBO」「KATE」「SOFINA iP」の商品を同日から販売開始するほか、「@cosmeベストコスメアワード」の受賞商品がディスプレイされている巨大タワー「ベストコスメアワードコーナー」も実装される。両社は、今後も先端技術を活用したビジネスモデルを共同で創出していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]