クアルコム、CEO交代へ--5G戦略率いるアモン社長が後任に

Shara Tibken Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年01月06日 09時52分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チップメーカーQualcommの最高経営責任者(CEO)が交代する。同社は米国時間1月5日、現CEOのSteve Mollenkopf氏が6月30日に退任し、社長のCristiano Amon氏が後任に就くことを発表した。Mollenkopf氏は52歳で、同社に26年間勤務し、2014年からCEOを務めてきた。「当面、戦略顧問として同社に留まる」予定だという。

Cristiano Amon氏
Cristiano Amon氏
提供:Qualcomm

 Amon氏は50歳で、1995年にQualcommに入社した。当初はエンジニアだった。2018年から社長を務め、同社の5G戦略や、自動車やIoT機器への同社チップの普及を促進する取り組みを統括してきた。

 Qualcommは、12月にオンラインで開催した年次イベント「Tech Summit」で、最新ハイエンドプロセッサー「Snapdragon 888」を発表したばかり。この新チップは、来週発表されるとみられるサムスンの「Galaxy S21」など、2021年の「Android」搭載ハイエンドスマートフォンに搭載される見込みだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]