logo

透明有機ELディスプレイで実現する未来のライフスタイル--LG DisplayがCESで披露へ

David Katzmaier (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年01月05日 11時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LG、ソニー、VIZIOのテレビなど、世界中で採用されている有機ELディスプレイパネルを生産するLG Displayは、時代を先取りした最高にクールなコンセプト技術を「CES 2021」で披露する。LG Displayのプライベートブースでは、2016年に丸められる18インチの有機ELディスプレイに初めて圧倒され、2年後には65インチ版というさらにとんでもないものを体験した。

LG Display
寿司屋のカウンターに55インチの透明有機ELディスプレイ
提供:LG Display

 CES 2021はすべてオンラインで開催されるため、ブースで実際に体験することはできないが、LG Displayのオンラインショールームは、実際の体験には及ばないものの、非常に素晴らしい体験となるだろう。同社が2021年にフォーカスしているのは新しい透明有機ELディスプレイで、透明度40%を実現している。

 オンラインのショールームでは、55インチの透明有機ELディスプレイを採用するスマートベッドやレストランのパーティション、地下鉄の窓などのシナリオが披露される。

LG Display
55インチの透明有機ELディスプレイを地下鉄の窓に
提供:LG Display

 LG Displayによると、スマートホームやスマートビルディングのほか、無人運転の自動車、航空機、地下鉄などで透明スクリーンの需要が高まっているという。このようなディスプレイが低価格となってどこにでも採用されるようになり、窓やガラスのコーヒーテーブルから眼鏡まで、透明な物に動画や情報を表示できるようになる未来は容易に想像できるかもしれない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]