CES 2020

LG、クルクル巻いて収納する有機ELテレビを披露--2020年出荷へ

David Katzmaier (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年01月07日 10時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この2年間のCESにおける、テレビ業界最大のセンセーションはおそらく、LGの巻取り式テレビだろう。65インチのこのテレビは非常にフレキシブルで、シェードのように巻かれてキャビネットに格納され、視聴していないときは完全に視界から消すことができる。視聴する際には、リモコンのボタンを一押しすれば、籠から出てくる大道芸のコブラのように、立派な有機ELテレビが目の前に出現する。

2019年にLGが発表した巻き取り式テレビ
2019年のCESに登場したLGの巻き取り式テレビが、2020年に発売されることになった
提供:Sarah Tew/CNET

 LGは当初2019年に出荷予定としていたが、後ろ倒しになったようだ。価格は正式に発表されていないが、筆者が最近韓国を訪問した際に、LGのホームエンターテインメント事業担当グローバルマーケティング責任者を務めるJS Lee氏は6万ドル(約650万円)だと語っていた。

 筆者がCES 2020でその価格を確認したところ、LGの関係者らは、米国での価格は確定していないとの回答を繰り返すだけだった。2020年の第2四半期か第3四半期に出荷予定であることは明言した。

 なお、LGの標準的な65インチの有機ELテレビの価格はおよそ2000ドル(約21万円)で、88インチの8K対応大型有機ELテレビの価格は3万ドル(約325万円)だ。しかし、LGの巻取り式テレビが市場で提供されている最も高額なテレビというわけではない。サムスンとソニーは、98インチの8K対応テレビを約7万ドル(約760万円)で販売しており、サムスンのMicroLEDテレビ「The Wall」の価格は、146インチ版で40万ドル(約4330万円)からとなっている。

ディスプレイの4分の1ほどを残した状態で、時刻や天気などを表示する「ラインビュー」
ディスプレイの4分の1ほどを残した状態で、時刻や天気などを表示する「ラインビュー」
提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]