logo

米大統領の公式Twitterアカウント、フォロワーを就任時に引き継がず

Andrew Gebhart Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年12月23日 13時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterの米大統領公式アカウント「@POTUS」(訳注:President of the United Statesの頭文字に由来)には現在、3300万人のフォロワーがいるが、就任式が開催される2021年1月20日に、その数は減少する可能性がある。Twitterは米国時間12月22日、次期大統領に就任するJoe Biden氏が同アカウントの使用権を得る際に、前政権のフォロワーを自動的に引き継ぐわけではないとした。

Twitter ロゴ
Twitterは11月にBiden氏が@POTUSを利用する権利を得ることを認めている。
提供:Angela Lang/CNET

 就任式の日にはこのほか、ホワイトハウス、副大統領、ファーストレディー、ホワイトハウス報道官などのアカウントもBiden政権に引き継がれる予定だ。

 Twitterは「これらのアカウントは従来のフォロワーを自動的に引き継ぐわけではない。その代わり、これらのアカウントのフォロワーにコンテンツがアーカイブ化されると伝え、Biden政権の新アカウントをフォローするかどうかを選べるようにする」とコメントした。「例えば、『@WhiteHouse』のフォロワーは、このアカウントが『@WhiteHouse45』としてアーカイブ化されたという通知を受け取り、新しい『@WhiteHouse』アカウントをフォローするかどうかを選べる」

 この決定は、2017年にDonald Trump政権が、@POTUSアカウントを多数のフォロワーとともにBarack Obama前大統領から引き継いだ時とは異なるものだ。

 Twitterは11月、Trump大統領がそれまでに敗北を認めるかどうかにかかわらず、Biden氏が大統領就任日に@POTUSアカウントを利用する権利を得るとしていた。

 22日、Biden陣営のデジタルディレクターであるRob Flaherty氏はフォロワーの引き継ぎについて、Biden政権はゼロからスタートしなければならないとTwitterから伝えらえたとツイートした。同氏は別のツイートで、Twitterに抗議したが「決定事項だと言われた」と述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]