logo

クアルコム、「Snapdragon」で4世代の「Android」をサポートへ--グーグルと協力

Chris Duckett (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年12月18日 11時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleとQualcomm Technologiesは米国時間12月16日、「Snapdragon」プロセッサーを搭載するデバイスに最新の「Android」OSを提供できるようにするため、「Project Treble」を強化すると発表した。Project Trebleは、Androidデバイスのベンダーが同OSを効率的にアップデートできるようにする仕組みだ。

 QualcommはGoogleとの提携の一環として、強化されたProject Trebleを活用し、「Snapdragon 888」を手始めに、すべてのSnapdragonプラットフォームで4つのAndroidバージョンと4年間のセキュリティアップデートをサポートする。

 Googleがブログで説明したように、同社は新たなAndroid OSをリリースする際、Androidオープンソースプロジェクトのソースからビルドした汎用イメージを公開し、このイメージは過去3バージョンのベンダー実装部分との後方互換性が保証される。新しいデバイスには、汎用イメージと互換性のあるベンダー実装も必要となる。

Androidアップデート
提供:Google

 「これは、OSフレームワーク内の断片化を減らすための主な手段だ」とGoogleは述べた。

 「複数のOSアップデートでベンダー実装を再利用するだけでなく、Project Trebleのアーキテクチャーでは、異なるベンダー実装の間で同じOSフレームワークコードを再利用することも推進している」(Google)

 この変更は、「Android 11」以降を搭載したデバイスに適用される。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]