logo

アマゾン傘下のZoox、自動運転タクシー向けのEVを公開--ハンドルなしで最高時速120km

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.com傘下のZooxは、自動運転タクシーサービス向けの運転手なしで走行可能な電気自動車(EV)を公開した。

アマゾン傘下のZoox、自動運転タクシー向けのEVを公開--ハンドルなしで最高時速120km
アマゾン傘下のZoox、自動運転タクシー向けのEVを公開--ハンドルなしで最高時速120km

 Zooxは、2014年に設立された自動運転技術を手がける米国企業。Amazon.comが2020年に買収し、傘下に収めていた。

 今回公開したものは、都市部で走行する自動運転タクシー向けに開発した車両。車体が全長3.63mとコンパクトなうえ、4隅に設けられた4つのタイヤはそれぞれ操舵(そうだ)機能を備えており、小回りがきく。さらに、前進と後退の区別がなく、どちらの方向にも走行できるので、狭い場所で無理に方向転換する必要もない。外部にはカメラ、レーダー、LIDAR(ライダー)といったセンサーが取り付けられ、周囲の状況を把握する。

自動運転タクシー向けの電気自動車(出典:Zoox)
自動運転タクシー向けの電気自動車(出典:Zoox)

 運転手による操作が不要な自動運転車であり、ハンドルなどの装置を搭載しない。そのため、小さな車体のわりに車内空間は広い。鉄道車両のボックス席のように、2人掛けのベンチシートが向かい合わせに配置され、4人の乗車が可能。

都市部での走行を想定したコンパクトな車体(出典:Zoox)
都市部での走行を想定したコンパクトな車体(出典:Zoox)

 走行速度は最大で時速75マイル(約120km)。容量133kWhのバッテリを搭載し、1回のフル充電で最大16時間の連続走行が可能という。

 現在Zooxは、ネバダ州ラスベガス、カリフォルニア州のサンフランシスコとフォスターシティでこの車両の試験を実施中。

車両の紹介ビデオ(出典:Zoox/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]