味の素がコーポレートベンチャーキャピタルを新設--フードテック企業などに投資

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 味の素は12月16日、「食と健康の課題解決企業」実現に向けた新事業モデル創出を達成するため、イノベーション探索、エコシステムの構築・強化、企業文化変革の牽引を実行するコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)の活動を開始すると発表した。

 同社によると、R&B(Research and Business)企画部にグループを新設。フードテックやヘルスケア分野におけるスタートアップ企業やベンチャーキャピタル(VC)に投資するという。

キャプション

 このCVCは、スタートアップ企業との協業によるR&Bの実行や情報収集・ネットワーク構築によりイノベーションを加速する「イノベーションの探索」、スタートアップ企業とともに持続的な協業構造を補完させる「エコシステムの構築・強化」と、スタートアップ企業との連携やイノベーションを担う人財の育成による「企業文化変革の牽引」が目的。

 2030年の未来として描く「食と健康の将来像」からバックキャストし、「Well-Being」「地域・地球との共生」「食の伝承と新たな発見」「調理の進化」を投資領域として設定している。

 なお、CVCは社内外向けの起業家プログラムとともに、事業モデル変革タスクフォースの中核となる 取り組みのひとつになるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]