logo

アップル、オフィス復帰は従業員の大半が2021年6月以降か

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年12月14日 08時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスのワクチンが広く接種できるようになることを世界中が待ちわびる中、Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏は米国時間12月10日、ほとんどのチームが2021年6月より前にはオフィスに戻らない可能性が高いだろうと従業員に話したという。Bloombergが報じた

AppleのCEO Tim Cook氏
提供:James Martin/CNET

 一方でCook氏は、従業員をオフィスに復帰させたい考えだ。同社は従業員をリモートで勤務させることで「非常に多くのことを」学んだが、「対面のコラボレーション」に代わるものはないとしている。

 Bloombergによると、Appleのハードウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントDan Riccio氏は、デバイス設計ではリモート勤務が大きな課題となっていると述べた。多くの作業がラボの環境で行われるためだ。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが回答は得られていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]