自動再注文システム「Amazon Dash Replenishment」の開発を支援--AIoTクラウド

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープの100%出資子会社であるAIoTクラウドは12月10日、Amazonが提供する消費財を自動再注文するクラウドサービス「Amazon Dash Replenishment」への参画を検討している事業者に対し、各種開発支援サービスの提供を開始すると発表した。

キャプション

 Amazon Dash Replenishmentは、重量センサーなどのIoTデバイスから取得した日用消費財の消費量データを基に購入時期を予測し、自動再注文を実現する一般消費者向けのサービス。

 同社では、Amazon Dash Replenishmentへの参画を検討する事業者に対し、自動再注文システムの実現に必要となる制御クラウド、スマートフォンアプリ、管理コンソールなどの開発をトータルで支援する。

キャプション

 今後は、飲料・洗剤をはじめとした消費財メーカーや機器メーカーを対象に開発支援を行う。日用消費財メーカー向けには、IoTデバイスメーカーと連携した専用のソフトウェア開発(日用消費財のIoT化)、機器メーカー向けには、通信モジュールの提供や機器への組込み開発といったIoT機器開発からEC連携サービスの開発まで、さまざまな要望に対応できるという。

 同社は、独自のAIoTプラットフォームを活用し、IoT機器開発支援、AIデータ分析、プラットフォーム間データ連携、ユーザーインタフェース統合支援などのソリューションを提供するスマートライフ構築支援サービス「AIoT LINC」をさまざまな企業に提案している。

キャプション

 同ソリューションには、2020年12月より日本での利用が可能となった「Alexa.InventoryLevelSensor」インタフェースを実装し、Amazon Dash Replenishmentの認証を取得しているという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]