logo

AIを活用し未来の肌状態を予測--化粧品メーカーのオルビスが推進する意外なDX

坂本純子 (編集部)2020年11月26日 20時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポーラ・オルビスグループのオルビスは11月26日、AIを活用して5年後、10年後、20年後の肌状態を予測し、いま必要な手入れ方法を提案する「AI未来肌シミュレーション」サービスを開始すると発表した。アプリ内から自撮りをしてシミュレーションできるサービスと、店頭で独自の専用スキンチェック機器を用いて肌状態を分析し、シミュレーションできる2つのサービスがある。いずれも無料で利用できる。

 まず、アプリ向けサービスは12月15日より「ORBISアプリ」にて開始予定だ。アプリを起動し、12の問診に回答する。さらにスマートフォンで自身の顔写真を撮影すると、撮影写真から肌を分析して10項目の肌スコアが作成される。いまのお手入れ状況や撮影写真をもとに5年後、10年後、20年後を判定し、シミュレーションできる。未来の顔画像から、いま必要なケア、おすすめのお手入れアイテムなどを提案する。

ORBISアプリ
ORBISアプリ

 店頭では、スマートミラーデバイスを活用してより精度の高い未来の顔立ちを予測できるサービスを11月26日より開始する。タカシマヤゲートタワーモール店(愛知)、アミュプラザ鹿児島店(鹿児島)、新静岡セノバ店(静岡)からスタートし、全国のオルビスショップで順次展開予定だ。表参道にある体験特化型施設「SKINCARE LOUNGE BY ORBIS」ではAI未来肌シミュレーションをメニューに組み込んだトリートメントサービス(有料・予約制)も開始する。いまはまだ現れていない潜在シミも見ることができ、より深くアプローチできるとしている。

スマートミラーデバイスを活用してより精度の高い未来の顔立ちを予測できる店頭サービスも実施
スマートミラーデバイスを活用してより精度の高い未来の顔立ちを予測できる店頭サービスも実施

 AI未来肌シミュレーションは、エンターテインメントとして提供するものではない。「年齢を重ねるとあきらめる女性が多いが、化粧品を使うことで未来の肌もきれいになることを伝えたい。よりよい将来に向け、スキンケア習慣を楽しむきっかけになってほしいと思って開発した」(オルビス マーケティング戦略グループ CX・ICT戦略グループの島田久美子氏)と話す。肌分析のツールも自社開発で、AIのもととなるデータは「1000名近くの顔画像を人の目で見て、エイジングのラベル付けをしていった」と説明した。

アプリの分析結果
アプリの分析結果
肌コンディションとエイジング指標をもとに、AI未来肌シミュレーションをする
肌コンディションとエイジング指標をもとに、AI未来肌シミュレーションをする

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]