logo

Facebook、米大統領選後にアルゴリズムを一時調整か--信頼できるメディアを優先

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年11月25日 10時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏は、米国時間11月3日の米大統領選後に、信頼できるニュースがより目立つ形でニュースフィードに表示されるよう、アルゴリズムに緊急の変更を加えることを承認したと報じられている。The New York Times(NYT)の24日付けの記事によると、Facebook上で急速に拡散する選挙関連の偽情報を抑えるための動きだという。

Facebookのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Facebookは、「news ecosystem quality(N.E.Q.)」スコアという同社がパブリッシャーに付与する社内評価の重みを大きくしたと報じられている。これによって、CNN、NYT、NPRといった主流パブリッシャーの記事がより多く表示され、BreitbartやOccupy Democratsなどの記事は表示が減ったと、NYTは報じている。

 NYTによると、大統領選後の週に開かれた従業員ミーティングで、Facebookの一部の従業員から、この「より良いニュースフィード」を今後も維持できないかという質問が出たという。

 Facebookは米大統領選に配慮して適用した変更について、すべて一時的な措置だと述べた。

 米大統領選後に、インターネットは偽情報であふれた。Donald Trump米大統領は、選挙が盗まれたという虚偽の主張をソーシャルメディア上で繰り返し、Twitterは複数の投稿に警告ラベルを付与する事態となった。また、根拠なく選挙の不正を訴えるさまざまなソースが、Facebook、Twitter、YouTube上に出現している。

 Facebookは、報じられているアルゴリズムの変更に加えて、選挙関連の偽情報を防ぐための複数の公開措置を講じている。米国で選挙後の混乱を抑えるための複数の社内ツールを用意したとも報じられていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]