logo

ソフトバンク、Boston Dynamicsの売却でヒュンダイと交渉か

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2020年11月11日 11時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 意外な買収話が持ち上がった。ソフトバンクグループがBoston Dynamicsを韓国の自動車メーカーであるヒュンダイに売却する交渉を進めていると、Bloombergが米国時間11月9日に報じた。Boston Dynamicsは、世界で有名なロボット犬「Spot」を開発したことでよく知られている。

提供:Boston Dynamics
提供:Boston Dynamics

 Boston Dynamicsは1992年にマサチューセッツ工科大学(MIT)からスピンアウトして創業し、現在はソフトバンクの傘下にある。Bloombergは情報提供者の話として、買収の諸条件はまだ決まっていないが、買収額は最大10億ドル(1050億円)になる可能性があると伝えている。交渉が成立せずに終わる可能性もあるという。

 ヒュンダイがBoston Dynamicsに期待するものは何だろうか。今後ヒュンダイは車両組み立てライン用のロボットを作るというのが最も現実的な解だ。ただしヒュンダイは、「四足歩行車」の実現にも関心を示してきた。ヒュンダイはCES 2019で四足歩行もできる電気自動車「Elevate」のコンセプトデザインを発表し、こうした移動手段としてのロボットの構想を初めて示した。これは、タイヤ走行が困難な不整地などを進む必要がある場合に、車が歩行に使う「脚」を出せるようにするというものだ。ヒュンダイは、こうした「究極の移動手段」が役立つ具体例として、救助隊での利用を考えている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]