ヴァージン、世界初の有人「Hyperloop」走行試験を実施--2人乗りポッド「XP-2」で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Virgin Hyperloopは、新高速交通システム「Hyperloop」のテストコースを用い、有人の走行試験を成功させた。Hyperloopの有人走行試験は、これが世界初の事例だという。

世界初のHyperloop有人走行試験を実施(出典:Virgin Hyperloop)
世界初のHyperloop有人走行試験を実施(出典:Virgin Hyperloop)

 Hyperloopは、カプセル状のポッドが空気の抜かれた低圧密閉チューブ内を移動する、新しいタイプの交通システム。ポッドは、リニアモーターカー同様、磁力で浮上して動く。空気抵抗が極めて小さく、浮上して摩擦も発生しないため、時速1000kmを超える飛行機並みの速度で移動可能だという。

 今回の試験は、Virgin Hyperloopがネバダ州ラスベガスに建設した長さ500メートルのテストコース「DevLoop」を使用。同コースでは、これまで無人のポッドを使って400回以上の走行試験を実施してきた。

試験に使った2人乗りのXP-2(出典:Virgin Hyperloop)
試験に使った2人乗りのXP-2(出典:Virgin Hyperloop)

 有人試験で走行させたポッドは、試験用に開発した2人乗りの「XP-2」。商用サービス時には、28人乗りのポッドを運用する計画だ。

乗員とコントロールルーム(出典:Virgin Hyperloop)
乗員とコントロールルーム(出典:Virgin Hyperloop)
試験は成功(出典:Virgin Hyperloop)
試験は成功(出典:Virgin Hyperloop)

 なお、有人走行の乗員2名は、Virgin Hyperloopの共同創業者で最高技術責任者(CTO)を務めるJosh Giegel氏と、乗客体験ディレクターのSara Luchian氏。

有人走行試験の紹介ビデオ(出典:Virgin Hyperloop/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]