logo

ソニー、専用スマートコントローラー付属「マルチファンクションライト2」2機種

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーネットワークコミュニケーションズは11月6日、ネットワークLEDシーリングライトの新たなラインアップとして「マルチファンクションライト2 MFL-1100S/MFL-2100S」2機種の発売を発表した。同日より、大手家電量販店ECサイトおよびAmazonで予約を開始し、11月20日より販売を開始する。

「マルチファンクションライト2」
「マルチファンクションライト2」

 市場推定価格は、MFL-1100Sが2万7000円前後、MFL-2100Sが4万3000円前後となる。AIスピーカーの追加購入により音声操作ができるようになり、MFL-1100Sは、テレビやエアコンを操作する際、ライセンスの購入が必要になる。

 マルチファンクションライトは、人感・温度・湿度・照度のセンサー、マイク、スピーカーなどを内蔵しコントロール機能を持ったマルチファンクションユニットと、専用のLEDシーリングライトで構成するネットワークLEDシーリングライト。

 赤外線リモコンを通じたテレビやエアコンなどの家電の操作や、アプリを通じた宅外からの家電操作、Bluetoothを通じて天井から音が降り注ぐスピーカー機能、部屋の温度・湿度の見える化に加え、スマートスピーカーと連携した音声での家電操作などの機能を備える。

 今回新たに、専用のスマートコントローラー「LGTAR-100」を付属。Bluetoothのペアリングや音量変更、ミュート設定、みまもりモードの設定および解除を、コントローラーのボタン1つで操作できるようになった。Bluetoothのペアリング切り替えにかかる時間も短縮している。

 また、専用アプリ「MFlight2」により、部屋の状態と利用できる機能が見られるようになったとのこと。ホーム画面でライトの点灯状態(オン/オフ/常夜灯)が分かり、部屋の明るさも3段階の背景色で表示する。さらに、直近5分前までの人の動きを、人型のイラストで表示し、部屋の温度・湿度・照度も一目で確認が可能。イラストをタップして、エアコンやテレビ、音楽のプレイリストの操作が可能だ。

 ソフトウェア調整による音質の改善として、マルチファンクションライト本体内蔵のデバイス調整により、中高域の音がクリアになった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]