「Nintendo Switch」、販売台数でファミコンを超える

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 合原弘子 (ガリレオ)2020年11月06日 09時44分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂が11月5日に発表した最新の決算報告によると、「Nintendo Switch」が世界の累積販売台数で「ファミリーコンピュータ」を上回ったという。

Nintendo Switch
提供:Sarah Tew/CNET

 据え置き型と携帯型のハイブリッドゲーム機であるSwitchの4〜9月期の販売台数は1253万台で、累計6830万台に達した。ファミリーコンピュータの累計販売台数は、6191万台だ。

 Switchは2019年のホリデーシーズンに、「スーパーファミコン」の累積販売台数4910万台を抜いていた。

 任天堂史上最も売れたゲーム機は「ニンテンドーDS」で、1億5402万台を記録。「ゲームボーイ」の1億1860万台と「Wii」の1億163万台がこれに続いている。

 Switchの累計販売台数のうち、標準版Switch(2017年3月発売)は5793万台。携帯専用の「Switch Lite」(2019年9月発売)は1036万台に達した。

 2020年3月に発売されたNintendo Switch用ソフト「あつまれ どうぶつの森」は、依然として好調で、累積2604万本を売り上げた。Nintendo Lifeによると、「マリオカート8 デラックス」の首位は変わらず、累積販売本数は2899万本となっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]