logo

オンライン交流会向けビデオ通話「エリンギ」にウェビナー機能--セミナーと交流会の同時開催も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エリンギは11月10日、同社が運営するオンライン交流会に特化したビデオ通話サービス「エリンギ」において、ウェビナー機能を追加したと発表した。これにより、交流会とウェビナーの同時開催などが可能になるという。

キャプション
「エリンギ」

 エリンギは、主催者が作成した「ルーム」と呼ばれるスペースを利用して、複数人(最大1万人)まで同時交流できることが特徴。アプリなどのインストールは不要で、PCだけでなくスマートフォンのブラウザからも利用できる(iOSではSafari、AndroidではChrome)。

 
 

 今回、ウェビナー機能を新たに追加したことにより、主催者は「ウェビナールーム」が作成できるようになり、一部屋に最大200名の参加者を招き、ウェビナーを開催できるようになった。

 この機能により、複数のウェビナーと複数の交流会を同時に開催できるという。たとえば、A会場、B会場、C会場ではセミナーが開かれ、D会場、E会場ではスタートアップの展示プレゼン、F会場以降では交流会をするといった使い分けが可能になる。

 ウェビナールームでは、主催者以外のカメラ・マイクがオフになり、大勢の参加者が利用していてもスムーズな進行が可能だという。加えて、イベントの主催者と同等の権限を利用できるパートナー機能も搭載した。これにより、パートナーは部屋の作成や全体アナウンスなどの機能が利用できるようになる。

 
 

 さらに、全体ミュート機能や全体への定型メッセージ送信機能を搭載したほか、ダークモードにも対応した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]