シャープ、8K+5Gの世界を一堂に--映像、文化、医療にまで広がる高解像度、高精細度の力 - 9/9

加納恵 (編集部)2020年11月05日 08時30分
 美術作品などの超高精細画像を8Kディスプレイに映し出し、見たい部分を拡大・回転しながら鑑賞できるシステム「8Kインタラクティブミュージアム」。11月4日には、文化財活用センター、東京国立博物館と共同で、8K文化財鑑賞ソリューションの実証実験を、本年11月10~23日に東京国立博物館に実施することを発表。70V型8Kディスプレイに「大井戸茶碗 有楽井戸」など3作品の超高精細画像を映し出し、操作には、実物の形状や重さはもちろん、手触りまでを模した茶碗型コントローラーを使用する。
Scroll Right Scroll Left

 美術作品などの超高精細画像を8Kディスプレイに映し出し、見たい部分を拡大・回転しながら鑑賞できるシステム「8Kインタラクティブミュージアム」。11月4日には、文化財活用センター、東京国立博物館と共同で、8K文化財鑑賞ソリューションの実証実験を、本年11月10~23日に東京国立博物館に実施することを発表。70V型8Kディスプレイに「大井戸茶碗 有楽井戸」など3作品の超高精細画像を映し出し、操作には、実物の形状や重さはもちろん、手触りまでを模した茶碗型コントローラーを使用する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]