logo

シャープ、8K+5Gの世界を一堂に--映像、文化、医療にまで広がる高解像度、高精細度の力

加納恵 (編集部)2020年11月05日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 シャープは、放送、映像だけではなく、医療やセキュリティなど幅広い分野への活用が見込まれる「8K+5G エコシステム」の関連商品を集めた「8K関連機器展示会」を開催した。

 「8K+5G エコシステム」とは、他社との協力も含め、それぞれの強みを組み合わせて8Kの発展、普及を推進していくというシャープの戦略。8K映像の高解像度、高精細度をいかすことで、インフラやシステムの発展を目指す。

 写真は、9月に発表した業務用の120V型 8Kディスプレイ「8M-B120C」。横2657.2mm×縦1494.7mmの大画面で、ディスプレイ部のみで約187kg、フロアスタンドを含めると約206kgになる。

 HDMI 2.1で規定された8K映像入力に対応し、HDMIケーブル1本で8K 60p/4K 120p映像を出力する機器との接続が可能。店舗やショールームなどの商業施設におけるデジタルサイネージや絵画、彫刻などの美術品のデジタル展示、パブリックビューイング用ディスプレイなどの使用を想定している。
Scroll Right Scroll Left

 シャープは、放送、映像だけではなく、医療やセキュリティなど幅広い分野への活用が見込まれる「8K+5G エコシステム」の関連商品を集めた「8K関連機器展示会」を開催した。

 「8K+5G エコシステム」とは、他社との協力も含め、それぞれの強みを組み合わせて8Kの発展、普及を推進していくというシャープの戦略。8K映像の高解像度、高精細度をいかすことで、インフラやシステムの発展を目指す。

 写真は、9月に発表した業務用の120V型 8Kディスプレイ「8M-B120C」。横2657.2mm×縦1494.7mmの大画面で、ディスプレイ部のみで約187kg、フロアスタンドを含めると約206kgになる。

 HDMI 2.1で規定された8K映像入力に対応し、HDMIケーブル1本で8K 60p/4K 120p映像を出力する機器との接続が可能。店舗やショールームなどの商業施設におけるデジタルサイネージや絵画、彫刻などの美術品のデジタル展示、パブリックビューイング用ディスプレイなどの使用を想定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]