FacebookとTwitter、大統領選の「フライング勝利宣言」に警告表示へ

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高森郁哉 (ガリレオ)2020年11月04日 11時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FacebookとTwitterは、米大統領選に関する先走った勝利宣言など、偽情報への対策を進めている。

FacebookとTwitterのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 米国で新型コロナウイルスのパンデミックが収まらない中、多くの有権者が郵便投票を利用していることから、3日の夜に勝者が判明しない可能性がある。CNN、Edison Research、Catalistの合同調査によると、投票日前日の2日までに9600万人以上が投票を済ませており、これは登録された全米の有権者の45%を超えるという。選挙当局者は、票の集計には数日かかるため、大統領選の最終結果や他の投票結果の確定は遅れる可能性が高いとしている。

 そこでソーシャルネットワーク企業は、選挙結果が発表される前に政治家が勝利を宣言しようとする可能性に備えている。Axiosは1日の記事で、情報筋からの話として、Donald Trump現大統領が、自身がリードしているように思える場合は投票日の夜にも勝利を宣言すると語ったと報じた。FacebookとTwitterはいずれも、投票が集計中であることをユーザーに示す新たなラベルを作成し、信頼できる情報にユーザーを誘導するという。

 両社は2日、ラベルがどのように表示されるかを明らかにした。これらのラベルは、先走って勝利宣言をした投稿の下に表示される。

Facebookの警告
提供:Facebook

 Twitterは、州の公職者が発表した場合か、全米に配信する報道機関7社のうち2社以上が報じた場合は、公式結果として扱うとした。ここでの7社は、ABC、The Associated Press(AP)、CBS、CNN、Fox News、NBC News、Decision Desk HQだ。

 Facebookは、Reutersと提携したNational Election Pool/Edison、AP、および「大統領選の勝者が示される時を決定する、主要報道機関の独自に判断するデスク」6人の合意に従うという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]