YKK AP、移動もできる小屋「HACOBASE」を公開--高断熱材とトリプルガラスで過ごしやすい

加納恵 (編集部)2020年10月30日 13時16分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YKK APは10月29日、移動もできる小屋「HACOBASE(ハコベース)」を公開した。固定タイプと車で引っ張り移動ができるタイヤタイプ(トレーラー)の2種類をそろえ、快適に生活できる小屋として提案する。

「HACOBASE」
「HACOBASE」
入り口付近
入り口付近

 HACOBASEは、軸組とパネルでできた組み立て式のコンテナハウス。広さは約4坪で、キッチンやトイレ、シャワールーム、パウダールームなどを組み合わせられる。

 コンテナハウスは冬寒く、夏暑いことが懸念されるが、高性能断熱材とトリプルガラス樹脂窓を備えた高断熱仕様のため、過ごしやすいことが特徴。二拠点生活や週末の別荘としてなど、新たな家の形として提供していく計画だ。

室内の様子。トリプルガラス樹脂窓を装備
室内の様子。トリプルガラス樹脂窓を装備

 組み立ては工務店などプロの手で行うことを想定しており、施工期間は約3日間。基礎部分から作るとさらに10日程度が必要になると見込む。屋根形状や水回り、テラスデッキまで、多彩な使い方を実現するカスタムオプションセレクト方式で、カスタマイズも可能だ。上下水道や電気などは通常の住宅と同様に工事が必要になる。

 タイヤタイプでは前方にシャワールームやパウダールームなどを配置し、重心を前に持ってくることで、移動時のバランスを考えているとのこと。住宅設備のない箱の状態でも販売する。

 価格は固定タイプで480万円を想定しており、別途、施工代が必要になるとのこと。当初は宿泊施設などBtoBからスタートし、将来的には個人向けの販売を狙う。一般発売は2021年の予定。

 HACOBASEは、10月29日〜11月29日の期間、二子玉川 蔦屋家電で開催されているIVING TECH 協会が主催する「LIVING TECH Conference 2020 暮らしとテクノロジー展」にて公開展示されている。

トイレスペースとパウダールーム
トイレスペースとパウダールーム
シャワールーム
シャワールーム

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]