logo

アップルの動画編集アプリ「Clips」、正方形以外のアスペクト比やHDR動画に対応

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2020年10月29日 12時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間10月28日、動画編集アプリ「Clips」のアップデートを公開した。このアプリは、「iMovie」と並行して数年前から提供されている。多数の楽しいエフェクトやステッカーなどが利用できるものの、録画や編集ができるのはこれまで正方形の動画に限られていた。今回のアップデートでは、iMovieに代わる選択肢として利便性が大幅にアップしたほか、「iPhone 12」のHDR動画撮影機能も利用できるようになった。

Clips
提供:Apple

 最新のバージョン3.0では、正方形以外のアスペクト比の動画に対応し、4:3または16:9の横向きと縦向きの動画を扱えるようになった。また、iPhone 12と「iPhone 12 Pro」では、Dolby Vision方式でのハイダイナミックレンジ(HDR)動画の録画ができるようになり、HDR動画の表示や編集なども可能になった。ほかにもさまざまなステッカーやエフェクトが追加されており、こうした機能だけを見ても、「iPhone」や「iPad」での動画編集に関してiMovieより先行していると言えるだろう。

 AppleはClipsを引き続き教育市場向け製品として位置づける考えだ。横向き動画のサポート追加も、iPadにキーボード付きケースを装着して利用する場合を想定したものだ。新バージョンではさらに、「Apple Pencil」を使ってラベルやポスターのテキストフィールドに手書き入力できるようになった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]