logo

チームコラボツール「toaster team」に新機能--ニュースを共有してディスカッション可能に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 nocoは10月28日、社員同士の協業を推進するチームコラボレーションツール「toaster team」において、「ニュースボード」機能の提供を開始したと発表した。

チームコラボレーションツール「toaster team」
チームコラボレーションツール「toaster team」

 toaster teamは、業務マニュアルや手順書を作成できるレシピ機能や、日報・企画書・議事録など自由にドキュメント作成できるノート機能、社内用語や業界用語を管理する用語集機能、社員教育に特化したタスク機能など、組織のワークマネジメントに必要な機能をワンストップで利用できるチームコラボレーションツール。7月のサービス開始以降、すでに1500社を超えるチームに利用されているという。

 新たに追加されたニュースボードは、ウェブメディアの記事URLを投稿すると、記事の見出しが自動で展開され、コメントや意見とともにグループで共有できる機能。ウェブメディアの記事をクリッピングとして保管できるほか、共有したニュースや記事をもとに社員同士でディスカッションできるため、社員の情報感度の向上やビジネスの意思決定に活用できるとしている。

キャプション
キャプション
キャプション

 また、人事部や広報・IR部、法務部、営業部、マーケティング部など、設定したグループごとに異なる記事やニュースを投稿できるため、組織に応じたニュース共有もしやすい。さらに、SlackやMicrosoftTeams、Chatworkなどのチャットツールとの連携にも対応しており、共有した記事やニュースはリアルタイムで通知されるという。

 同社によると、今秋には共有した記事やニュースにラベルを付けて社内で管理ができる機能も実装予定だという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]