logo

PayPal、仮想通貨の売買に対応へ--ビットコイン、イーサリアムなど4銘柄から

Dale Smith (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年10月22日 10時14分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PayPalは米国時間10月21日、PayPalアカウントから直接、仮想通貨を購入、保有、売却できるようにすると発表した。米ドルや英ポンドなどのいわゆる「フィアットマネー」(法定不換紙幣)を、まずはブロックチェーンベースの仮想通貨であるビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインと相互に交換できるようになる。同社この新しいサービスを、米国で「数週間のうちに」提供開始し、2021年前半には同社の「Venmo」サービスと、米国以外の市場にも拡大する計画だという。

PayPal
提供:Angela Lang/CNET

 2021年初頭からは、世界中の2600万店の加盟店で支払いに仮想通貨を使用できるようにする予定だ。

 PayPalは、オンライン小売業者とその顧客の間の決済をいち早く仲介した企業の1つで、その後、Eコマース決済の巨大企業へと急成長した。現在3億を超えるユーザーを擁し、2019年には124億件の決済を処理した。

 仮想通貨の人気は、2017年末近くに最高潮に達し、ビットコインの価格は1万9000ドル以上まで急騰したが、2018年前半にはその半分以下に下落した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]