logo

「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」レビュー--5Gの使い勝手、カメラ性能、バッテリーなど

Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年10月23日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone 12」を購入する理由として多いのは、1000ドルを切りながらも素晴らしいスマートフォンであることだろう。実際にiPhone 12はそういう製品だ。また、より高性能な製品だからという理由で「iPhone 12 Pro」を選ぶ人も多いだろう。確かにそのとおりだ。どちらを選んでも、全体的に秀逸なカメラシステムを搭載した見事なスマートフォンが手に入る。

figure_1
提供:Patrick Holland/CNET

 筆者は両方のモデルを試用する中で、iPhone 12 Proを手に取ることが多いことに気付いた。iPhone 12には非搭載の望遠カメラやLiDARを使えるからではない。筆者が気に入ったのは、テクスチャードマットガラスの背面、側面を覆う光沢のあるステンレススチールバンド、そしてiPhone 12より約25g重いにもかかわらず、手にしたときに安定感と高級感がある点だ。

同じ5Gをサポート

 素晴らしいことに、米国ではiPhone 12とiPhone 12 Proの両方がサブ6GHzとミリ波の5Gに接続できる。両モデルの5Gサポートに優劣はない。どちらも同じだ。

 筆者はサウスカロライナ州グリーンビルで、T-Mobileの5GネットワークとVerizonの「Nationwide 5G」(非ミリ波の5Gなので速度は劣る)を使って両モデルをテストした。両キャリアの5G対応エリアには感心したが、5Gのスピードは常に一定というわけではなかった。「SpeedTest」アプリでテストしたところ、iPhone 12をT-Mobileで使った場合の下り速度は10.4~14.9Mbpsで、Verizonで使用したiPhone 12 Proの下り速度は97.9~104Mbpsだった。

 速度テストの結果はさておき、5Gが促す進歩を体現するようなキラーアプリは存在しない。今のところ、多くのレビュー記事で紹介されているのは、SpeedTestのスコアが何点だったか、あるいはドラマ「マーベラス・ミセス・メイゼル」のシーズン3をAmazonでどれだけ速くダウンロードできるか、といった内容だ。とはいえ、iPhoneユーザーの多くは同じ端末を何年か使い続ける可能性が高い。今は5Gの速さを体験できなかったとしても、少なくともiPhone 12を持っていれば、対象エリアが広がったときに利用できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]