logo

AMD、「Zen 3」採用のデスクトップCPU「Ryzen 5000」シリーズを発表

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年10月09日 11時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)は米国時間10月8日、ゲームやメディア制作を用途とする一般ユーザー向けデスクトップPC用の主力CPU「Ryzen 5000」シリーズを発表した。ベンチマークに関する同社の発言が事実なら、コア数やキャッシュの総容量、パワーエンベロープのような基本スペックを変更することなく、新しい「Zen 3」アーキテクチャーに切り替えるだけで、新しいプロセッサーによってかなりの性能向上を実現したことになる。

Ryzen 5000
提供:AMD/Screenshot by Lori Grunin/CNET

 Ryzen 5000は、Zen 3を採用した最初のCPUとなる。Zen 3は、7ナノメートル製造プロセスによる前世代のアーキテクチャー「Zen 2」をベースとして最適化が施されており、クロック当たりの命令実行数(IPC)は、それでなくてもかなり高速な「Ryzen 3000」シリーズよりも約19%向上したという。世代間の大きな変更の1つは、ダイレイアウトが4コア単位から8コア単位になり、L3キャッシュ容量が倍増している点だ。実際のところ、CPUダイ上のコアの近くに配置されるメモリーが増え、全体的なレイテンシーが削減されるため、CPUが関わる動作で反応が高速化する。

 Zen 3を採用したCPUは、算術演算や分岐予測の効率化によっても強化されている。AMDによると、1Wあたり24%のパフォーマンス向上を実現し、すべて同じマザーボードで利用できるという。ベースクロックおよびブーストクロックは、旧世代とほとんど変わらない。筆者の知る限り、メモリーの最大容量やPCI 4レーンの数など、チップセット関連のスペックに変更はなさそうだ。

Ryzen 5000シリーズ

ベースクロックブーストクロックコア/スレッドキャッシュ熱設計電力(TDP)価格
Ryzen 9 5950X3.44.916/3272MB105W799ドル(約8万5000円)
Ryzen 9 5900X3.74.812/2470MB105W549ドル(約5万8000円)
Ryzen 7 5800X3.84.78/1636MB105W449ドル(約4万8000円)
Ryzen 5 5600X3.74.66/1235MB65W299ドル(約3万2000円)

 Ryzen 5000シリーズは11月5日に発売予定だ。

 AMDは、28日に発売する待望のグラフィックカード「Radeon RX 6000」についても、簡単に発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]