logo
Kickstarter

スマホ内で“ペン回し”するためのペン型コントローラー「Spinity」--ゲーム操作にも

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 学生時代の癖が抜けず、シャープペンシルやボールペンを持つと無意識にクルクル回してしまう人は多い。曲芸レベルの回転技を見せられると、惚れ惚れしてしまう。しかし、PCやスマートフォンが普及してペンを持つ機会が少なくなった今、巧みなペン回しを披露する場は減ってしまった。

 そこで、スマートフォン内のペンをクルクル回せるBluetooth対応ペン型コントローラー「Spinity」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

スマートフォン内のペンをクルクル回せる(出典:Kickstarter)
スマートフォン内のペンをクルクル回せる(出典:Kickstarter)

 Spinityは、スタイラスのような大きさと形のデバイス。モーションセンサーを内蔵しており、指でクルクル回すと、その動きデータをBluetooth経由でスマートフォンへ送信する。そして、スマートフォン側のアプリがデータを処理し、画面内の仮想的なペンを回したりできる。

モーションセンサーなどを内蔵(出典:Kickstarter)
モーションセンサーなどを内蔵(出典:Kickstarter)
スマホ内のペンがクルクル(出典:Kickstarter)
スマホ内のペンがクルクル(出典:Kickstarter)

 ペン回しアプリが用意されていて、新しい技を練習したり、高度な実技を友達と共有して自慢したりできる。SDKを使うと、Spinityの動きを利用するアプリが開発可能だ。たとえば、ペンを回してゲーム内のキャラクターや自動車を動かしたり、敵と戦ったりするアプリが作れる。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間11月16日まで。目標金額の5万5000ユーロ(約686万円)に対し、記事執筆時点(日本時間10月8日16時)で3157ユーロ(約39万4000円)の資金を集めている。キャンペーン期間はあと39日ある。

Spinityの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]