logo
新型コロナウイルス関連

FacebookとTwitter、トランプ大統領のコロナ感染で死を望む投稿など削除すると警告

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年10月05日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Donald Trump米大統領が新型コロナウイルス検査で陽性だったとの情報が広まる中、ソーシャルメディア各社は、それぞれのプラットフォームで大統領の死を望むコンテンツは許されないとユーザーに警告した。

トランプ大統領のTwitter
提供:Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images

 Trump大統領が米国時間10月1日、自身とMelania Trump夫人が新型コロナウイルス検査で陽性だったことを明らかにした後、ソーシャルメディアで、多くの人々が早期の回復を願う一方で、真逆の結果を望む人も多くいた。

 Facebookの広報担当者Liz Bourgeois氏は2日、そうした投稿はFacebookのユーザーポリシーに違反しており、削除されると述べた。

 Bourgeois氏は、「はっきり述べておくが、Facebookは、大統領のタグが付いたコンテンツのほか、大統領の投稿やページのコメントを含めて、大統領に直接向けられた殺害の脅迫や大統領の死を願うコンテンツを削除する」とツイートした。

 Twitterも同様に、2日夜、「いかなる相手に対しても死、深刻な身体への危害、致命的な疾病を願ったり望んだりするツイートは許されず、削除される必要がある。それは、自動的にアカウントが停止されることを意味するわけではない」とツイートしている。

 Twitterは、問題のあるツイートや嫌がらせの報告に対して、迅速かつ適切に対応できていないとされていることについて、以前から批判を浴びている。「The Squad」として知られる民主党の女性下院議員4人は、Twitterの今回の発表を直ちに批判した。

 Alexandria Ocasio-Cortez氏(ニューヨーク州選出)、Rashida Tlaib氏(ミシガン州選出)、Ilhan Omar氏(ミネソタ州)、Ayanna Pressley氏(マサチューセッツ州)は、Twitterで脅迫されたことがあり、Twitterは一貫したポリシーを適用していないと述べている。

 Twitterは、ポリシーの適用に一貫性がなかったことを認め、改善すると明言した。

 Twitterは3日、「一部のポリシーの適用に一貫性がないと感じる人の意見を受け止めている。改善しなければならないという意見はその通りだ。そのために社内で連携して取り組んでいる」とツイートした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]