logo

「Apple Watch SE」と「Series 3」、お手頃モデルを買うならどっち?

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年10月01日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最新スマートウォッチは、2つのモデルで登場した。フラッグシップの「Apple Watch Series 6」(399ドル、税別4万2800円~)と、より手頃な「Apple Watch SE」(279ドル、税別2万9800円~)だ。どちらも「watchOS 7」対応だが、Apple Watch SEは搭載するチップセットが「S5」でやや性能が下がるなど、機能がApple Watch Series 6より限定される。

Apple Watch SE
Apple Watch SE
提供:Apple

 Apple Watch SEは、価格は抑えられたが、現在Appleで購入できる最安のウェアラブルというわけではない。2017年に発売された「Apple Watch Series 3」が、今も199ドル(税別1万9800円)で販売されているからだ。

 Apple Watch Series 3は3年前のモデルなので、もちろん性能でも堅牢性でもApple Watch SEには及ばない。それでもいろいろな機能が詰め込まれており、人によっては、節約できる費用を考えてSeries 3を選ぶ選択肢もありそうだ。両者がどう違うのか、どちらが自分に向いているのかは、このまま読み続けていただきたい。

デザイン:SEは画面が大型化して鮮明に

 遠目で見ると、Apple Watch SEとApple Watch Series 3はよく似ている。どちらもサイズは2種類あり、アルミニウム製で耐水仕様だ。だが、SEの方が画面は鮮明になり、2種類のサイズどちらでも30%、つまり10分の1インチ弱(2mm)ほど大きくなっている。新しく登場した2種類のバンド、ソロループとブレイデッドソロループは、大きくなった現行のサイズにしか対応していないので、Series 3には使えない。SEではデジタルクラウンに触覚フィードバックが採用され、色も従来のシルバーとスペースグレイのほかにゴールドが加わった。

Apple Watch SE
Apple Watch SE
提供:Apple

 どちらも、常時表示には対応していないことに注意しよう。常時表示は2019年の「Apple Watch Series 5」で初めて採用された機能で、画面が常時表示されているため、手首を上げたり画面をタップしたりしなくても時刻や通知を確認できるというもの。今回新しく登場したApple Watchのなかで、この機能に対応するのはSeries 6だけだ。

ハードウェア:SEは速度が最大2倍

 発売当初、Series 3はセルラー接続のモデルも販売されていた。だが、現在そのモデルは販売されていないため、必要な場合にはサードパーティーの販売店で整備済みのものを購入しなければならない。一方、SEにはセルラー対応のモデルもある。Wi-Fiのみのモデルより割高にはなるが、LTE通信ができると、スマートフォンやWi-Fiネットワークにテザリングしなくても使える。ワークアウトに出かけるときにスマートフォンは置いていきたいが、電話をかける(国際緊急通報も含めて)などの基本機能は手元で使えるようにしておきたい、アプリは接続したままにしておきたい。そんな場合に便利だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]