logo

EpicやSpotifyら、アップルなどのアプリストア改善を求める団体を結成

Carrie Mihalcik 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年09月25日 13時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アプリメーカーなど13の組織が結集し、Appleの「App Store」などアプリストアのルール改善を求める非営利団体Coalition for App Fairnessを結成した。創設メンバーは、Spotify、Epic Games、Match Groupなどで、この3社はいずれも、Appleが開発者に課している手数料を声高に批判してきた。

iPhone
提供:Angela Lang/CNET

 Spotifyで国際問題担当責任者を務めるHoracio Gutierrez氏は米国時間9月24日、声明で次のように述べた。「世界各国の執行機関や規制当局、国会議員が、競争妨害でAppleを調査している中で、Coalition for App Fairnessは、消費者の選択を守り、すべての人の条件を同じにする取り組みにおいて、アプリ開発者とゲーム開発者の声を代弁する」

 Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。同社は24日、App Storeがユーザー開発者にとって役立つものだと強調するウェブページを公式サイトで公開した。App Storeが現在、世界各国の2800万以上の開発者と、175カ国の15億台のデバイスで利用されていることなどが記載されている。

 Coalition for App Fairnessは、アプリストアにあるべき10の原則も公開した。

 創設メンバーにはSpotify、Epic Games、Match Groupのほか、Basecamp、Blix、Blockchain.com、Deezer、European Publishers Council、News Media Europe、Prepear、Protonmail、SkyDemon、Tileが含まれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]