logo

マイクロソフト、「Office」の永続ライセンス版を2021年後半にリリースへ

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年09月24日 10時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの生産性ソフトウェア「Office」は現在サブスクリプションサービスとして提供されているが、同社は米国時間9月22日、新しい永続版を2021年にリリースする計画をブログで明らかにした。Officeに関する記述は1行だけだが、「Microsoft Officeについても、新しい永続版が『Windows』と『Mac』の両方に対して2021年後半に提供される」と明記されている。

Microsoft Office
提供:Microsoft

 Microsoftは4月、「Office 365」を「Microsoft 365」に改称した。Microsoft 365は、一連のソフトウェアツールにさらなる機能を追加したサブスクリプションサービスで、料金は個人向けプランで月額6.99ドル(約740円)、6人までの家族向けプランで月額9.99ドル(約1050円)。「Word」「PowerPoint」「Excel」などのMicrosoft 365アプリは、オンラインで無料で使用できるが機能が制限されており、その機能を最大限に活用するには、永続版かサブスクリプション版が必要だ。

 Microsoft 365が登場して以来、「Office 2019」が最後の永続版だったとも思われたが、今回、新しいバージョンが予定されていることが明らかになった。

 Microsoftは、この新バージョンの価格、提供地域、具体的なリリース日については記載していない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]