logo

[ブックレビュー]基本を覚えて応用が効く50のテクニック--「脱マウス最速仕事術」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイヤモンド社
内容:本書は、「キーボードショートカットを覚えれば時短になる」と、ショートカットキーをこれでもかと並べてある本ではなく、キーの位置と役割を理解し、組み合わせの基本を覚えて応用が効くように設計されている、これまでにない実用的な本だ。
脱マウス最速仕事術 年間120時間の時短を実現した50のテクニック
脱マウス最速仕事術 年間120時間の時短を実現した50のテクニック

 本書は、「キーボードショートカットを覚えれば時短になる」と、ショートカットキーをこれでもかと並べてある本ではなく、キーの位置と役割を理解し、組み合わせの基本を覚えて応用が効くように設計されている、これまでにない実用的な本だ。

 30年キーボードを使っている筆者だが、覚えようとして覚えきれないショートカットキーがたくさんあり、本書の冒頭に指摘されているように「やっぱり面倒くさい」とマウスに戻ったりしているうちの一人だ。本書では、「キーマップ」と呼ばれるキーボード上にキーの位置を示した図が、新しいショートカットキーの説明ごとに登場し、指の置き方や移動の感覚を一目で捉えることができて便利だ。

 主に、Excelで使われるショートカットキーで練習することになるが、アウトルックやWindows全般で使われるショートカットキーももちろんある。また、いきなりキーボードだけを使って作業しようとするのではなく、順を追って手の動きや指の動きを減らし、作業時間を短縮できるように、期限を区切って目標が定められているので、挫折しにくい。ショートカットキーをこれから使えるようになりたい人だけでなく、これまでショートカットキーを使った操作に挑戦してきたものの、逆に面倒で諦めてしまった人にも新たな機会をくれる1冊だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]