logo

グーグル、ビデオ会議「Google Meet」向け「Series One」ハードウェアシステム発表

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦 (ガリレオ)2020年09月16日 11時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、世界中のオフィスが閑散としているかもしれない。そうした中、Googleは米国時間9月15日、いずれ人々がオフィスの会議室に戻ったときに利用できる新しい「Google Meet Series One」ハードウェアを発表した。

Google videoconference system
提供:Google

 「Series One room kits for Google Meet」は複数のハードウェアで構成され、カメラ、8つのマイクが搭載されたサウンドバースピーカー、タッチスクリーンのリモコンなどが付属する。Googleは、これらのハードウェアでLenovoと提携している。

 Series Oneは、ビデオ会議ツール「Google Meet」向けとなっている。Google MeetはZoomの競合となるサービスで、2020年に入り、新型コロナウイルスの感染拡大で、人々が自宅で過ごすようになったことで利用が急増した。Series Oneのソフトウェアは人工知能(AI)を搭載し、室内にいる人を自動的に見つけて画面内に表示するとGoogleはアピールしている。また、Series Oneのオーディオバーは「Google Edge TPU」を搭載、音声ツールはノイズキャンセリング機能を利用し、キーボードの入力音や周囲の人が立てる雑音を遮断して、人の話し声を増幅できるという。

Google Meet Series One
Meet Series One
提供:Google

 GoogleのプロダクトマネージャーTJ Varghese氏は15日、報道陣に対し、「オフィスは変化している」とし、「従来の会議室は再構成されなければならない」と話した。同氏は、人々がオフィスに戻った際に、Series Oneで利用可能な音声コントロールが重要な機能になると述べた。

 小規模会議室向けのキットは2700ドル(約28万円)、中規模会議室向けは3000ドル(約31万円)、大規模会議室向けは4000ドル(約42万円)となるようだ。

 パンデミックが到来して以来、GoogleはMeetを強化している。最高経営責任者(CEO)のSundar Pichai氏は4月の時点で、Meetの利用が急増したことを明らかにしていた。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、1日あたりの新規ユーザー数は数週間で200万人から300万人に増加したという。さらに4月には、「Gmail」からMeetに直接アクセスできるようにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]