logo

グーグルのビデオ会議「Google Meet」、個人向けに無償提供へ--9月末まで時間制限なし

山川晶之 (編集部)2020年04月29日 19時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Google Cloudは4月29日、これまで法人、教育機関、医療機関などエンタープライズ分野で展開していたビデオ会議サービス「Google Meet」を、5月上旬より一般ユーザーに提供開始すると発表した。事前にメールアドレスを登録しておくと、利用開始時に通知を受け取ることができる。

キャプション

 個人ユーザーは、無料のGoogleアカウントを取得するだけで利用可能。会議ごとに100名まで参加可能で、時間制限も設けていない(9月30日以降、60分に制限)。また、Googleカレンダーと連携したスケジュール管理、画面共有、リアルタイムでの字幕表示(英語)、画面レイアウト機能なども利用可能だ。

 セキュリティ対策として、会議への参加承認や拒否、ミュート、削除などの制御機能を会議の主催者に付与しているほか、個人向けアカウントで作成された会議には、匿名ユーザー(Googleアカウントを持たないユーザー)は参加できないという。さらに、総当たり攻撃が難しい複雑化された会議コード、ビデオ会議で転送・保存される全データの暗号化も施される。

 同社によると、2020年1月以降、Google Meetの1日の利用は30倍以上に増加。4月には、1日あたり約300万人の新規ユーザーを獲得しており、ユーザーの利用時間の合計も1日あたり約30億分を超えたという。さらに、4月第4週目には、1日の利用者数が1億人を突破したとしている。

「G Suite Essential」もあわせて発表

 グーグルでは、個人向けのGoogle Meet開放に加え、G Suiteを導入していない企業や組織を対象にした「G Suite Essential」を発表。9月30日まで無償提供ながら、Google Meetに加え、Googleドライブ、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライドを活用可能。Google Meetでも、電話でのダイヤルイン、大規模なオンライン会議、録画機能といった上位機能が利用できるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]