logo

LINE公式アカウントから直接予約--LINEがビジネス向け4ソリューションを提供

西中悠基 (編集部)2020年09月10日 16時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは9月10日、同社のオンラインカンファレンス「LINE DAY 2020」において、「LINEで予約」「LINE プレイス」「LINE POP Media」「LINEで応募」の4ソリューションをリリースすると発表した。

公式アカウントから予約できる「LINEで予約」

 「LINEで予約」は、LINE 公式アカウントから、ウェブ予約や電話予約が可能となるサービス。11月以降の提供開始を目指す。

LINE公式アカウントから予約できる「LINEで予約」
LINE公式アカウントから予約できる「LINEで予約」
LINE上で店舗の予約が可能
LINE上で店舗の予約が可能

 サービス提供開始時には、ぐるなびと連携。ぐるなび加盟店のうち、ネット予約に対応する店舗であれば、LINEで予約を導入できる。

サービス提供開始時はぐるなびと連携
サービス提供開始時はぐるなびと連携

テーマにあわせて店舗を選べる「LINE プレイス」

 「LINE プレイス」は、さまざまなシチュエーションにあわせた店舗選びを支援するメディアサービス。店舗探しから予約までの一連の流れをサポートする。

テーマにあわせて店舗を選べる「LINE プレイス」。当初は「LINE プレイス for グルメ」を提供する
テーマにあわせて店舗を選べる「LINE プレイス」。当初は「LINE プレイス for グルメ」を提供する

 場所や雰囲気など、テーマに合わせた店舗選びが可能なほか、ユーザーのお気に入り店舗をコレクションし、トークで他のLINEユーザーにシェアすることができる。

 LINEプレイスは、2021年2月以降にPhase 1として「LINE プレイス for グルメ」として提供。今後は、美容サロンなどの領域へも展開するとしている。

店内のLINEユーザーに情報を配信する「LINE POP Media」

 「LINE POP Media」は、LINE ビーコンを活用し、店内のLINEユーザーにおすすめ情報やクーポンの配信ができるサービス。9月以降、トライアル提供を進める。

LINE ビーコンを活用して情報を届ける「LINE POP Media」
LINE ビーコンを活用して情報を届ける「LINE POP Media」

 LINEではこれまでも「LINE チラシ」など、店舗内外で効率的に告知できるソリューションを展開してきたが、LINE POP Mediaはこれをさらに進めた形となる。配信情報は店舗外でも閲覧できるため、従来のPOPと異なり、外でも顧客と繋がり続けることができる。

LINE上で応募できるプラットフォーム「LINEで応募」

 「LINEで応募」は、店舗が企画する応募キャンペーンに、LINE上で応募できるプラットフォーム。レシートやシリアルコード、LINE Pay決済との連動など、さまざまな応募方法に対応する。

LINE上でキャンペーンに応募できるプラットフォーム「LINEで応募」
LINE上でキャンペーンに応募できるプラットフォーム「LINEで応募」

 このプラットフォームでは、ユーザーが店舗にいない時でも、継続的なコミュニケーションが可能。LINEで応募に関するリマインドメッセージや応募状況の通知を受け取れるほか、景品引き換えや応募忘れのリマインドにも対応する予定。今後、全国のコンビニやスーパー、ドラッグストアで提供していく。

 このほか、非接触決済の取り組みをさらに加速させる一環として、LINE公式アカウントのトーク内で、そのままLINE Pay決済を可能とするサービスも今後提供する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]