logo

「G Suite」、Androidで「Microsoft Office」文書の編集が可能に

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年09月10日 13時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間9月8日、「G Suite」を使って「Android」デバイスで「Microsoft Office」のファイルの編集やコメント挿入、共同作業ができるようにすると発表した。

 Android端末で「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」を利用しているユーザーは、Officeの文書をGoogleのモバイルアプリで使える形式に変換する必要がなくなる。

 Googleが発表の中で触れている通り、G Suiteを使ったOfficeの編集機能は、提供が終了したモバイルアプリ「QuickOffice」に取って代わるものとなる。QuickOfficeはもともと「Symbian OS」搭載スマートフォン向けだったが、2010年には対象を広げ、AndroidでもOffice文書の閲覧や作成、編集ができるようにになった。

 G Suiteを使ったOffice編集機能では、リアルタイムのコラボレーションツールを使った編集、コメント、共同作業が可能になる。また、共有オプションや共有の管理が強化され、ファイルをダウンロードしたりメールに添付して送ったりする必要性が減る。

 この機能を利用するには、「Googleドライブ」を開いて、作業したいOfficeファイルをアップロードする必要がある。

 サポートされるファイル形式は以下の通り。

  • Word ファイル: .doc、.docx、.dot
  • Excel ファイル: .xls、.xlsx、.xlt、.xlsm
  • PowerPoint ファイル: .ppt、.pptx、.pps、.pot

 この機能は8日から段階的に提供が始まり、エンドユーザー向けにはデフォルトで有効になる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]