logo

グーグル、洪水警報システムのカバー範囲をインド全域へ拡大--バングラデシュの一部も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、以前からインドで運用していた洪水警報サービスを改良し、対象エリアを拡大してインド全域をカバーしたほか、バングラデシュの一部でも警報の提供を始めた。

洪水警報サービスを改良(出典:Google)
洪水警報サービスを改良(出典:Google)

 このサービスは、以前から取り組んでいた活動「Google Flood Forecasting Initiative」を通じて運営。インド政府の協力を得て、人命と財産を守るために、洪水がいつどこで発生するかを警告するためのものだ。

 2020年になって新たな予測モデルを導入したことで、より多くの通知をより迅速に提供できるようになったという。その結果、洪水への備えにかける時間を増やせたとしている。さらに、ヒンディー語とベンガル語に加え、7種類の現地語へも対応。警報メッセージのローカライズを進めるとともに、翻訳品質を向上させた。また、言語と地域を切り替えやすくした。

現地調査で予測モデルを検証(出典:Google)
現地調査で予測モデルを検証(出典:Google)

 6月よりインド全域をカバーし、合計25万平方km以上の範囲で生活する、2億人以上の人々へ情報を配信できるようにした。新たにサービスエリアとしたバングラデシュは、現在4000万人以上が対象で、今後エリアを拡大していく予定。

インド全域をカバー(出典:Google)
インド全域をカバー(出典:Google)

取り組みの紹介ビデオ(出典:YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]