logo

アップル、アプリのサブスクを無料か割引で提供する「オファーコード」を導入へ

David Priest (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年09月04日 10時47分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月2日、アプリのサブスクリプションを一定期間にわたり無料または割引価格で提供する「オファーコード」を2020年内に導入すると発表した。

 アプリ開発者は、1回限り有効な一意のオファーコードをデジタルまたはリアルのイベントなどで提供し、新規顧客の獲得に役立てることができる。「iOS 14」および「iPadOS 14」のユーザーは、「App Store」内か、コードを引き換えられる1度限りのURL、またはアプリ内でオファーコードを入手できる。

App Store
提供:Apple / illustration by Stephen Shankland/CNET

 Appleについては、App Storeでの支配力に関して開発者から懸念の声が高まっている。人気ゲーム「フォートナイト」を開発するEpic Gamesは、Facebookなどの開発元と共に、AppleがApp Storeでサードパーティー製アプリを金銭面で支配している状況を批判している。米議会の公聴会や、大手IT企業の反競争的行為に関する欧州連合(EU)の調査も、アプリ開発者に課される最大30%の手数料などを見直すよう促す、Appleへのさらなる圧力になっている。

 今回の変更は、ますます厳しい視線にさらされているAppleによる、イメージ改善に向けた取り組みの一環とも考えられる。

 Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]