logo

アップル、アプリ内課金めぐりWordPressのアップデートを一時ブロック

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年08月24日 10時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソースのソフトウェア「WordPress」のiOS版アプリが、規則違反を理由にAppleからアップデートをブロックされていたが、課金オプションの表示を削除することで問題は解消した。

WordPress
提供:WordPress

 Appleは米国時間8月22日に次のようにコメントした。「WordPressアプリとの問題は解決されたというのが当社の見解だ」「開発元はアプリからサービス課金オプションの表示を削除したため、現在は無料のスタンドアロンアプリとなっており、アプリ内課金機能を提供する必要はない。当社はこの旨を開発元に通知しており、混乱を招いたことをお詫びする」

 Appleによると、WordPressアプリは元々課金プランのセクションを設けていたが、アプリ内課金機能は提供しておらず、これが「App Store」の規則に違反していたという。Appleはアプリ内課金から最大30%の手数料を得ている。

 開発元WordPress Foundationの創始者で開発者でもあるMatt Mullenweg氏は21日、アプリへのアップデートとバグ修正をAppleにブロックされており、再開するためにはWordPressの課金プランでアプリ内課金をサポートすることを確約しなければならないとツイートしていた。

 WordPressは、インターネット全体の約38%で利用されているオープンソースのウェブサイト構築ツールだ。Mullenweg氏は、「私はライセンスの神聖さを強く信じている(オープンソースはライセンスと著作権の上に成り立つものだ)。App Storeに登録した(そして利用を継続することにした)時点で当社はライセンスに同意したため、規則に従う」とツイートした。

 Mullenweg氏は21日、米CNETに対し、30日以内にアプリ内課金のサポートを追加することに同意したため、Appleからアップデートの再開を許可される予定だと述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]